逸見歯科医院
     


フッ化物で虫歯予防

小学生にも見られる歯肉炎は、痛みも、変化にも気づきにくい、静かなる病サイレントディズィーズ)
です。
正しいブラッシングと定期的な検診で、予防と早期発見につとめましょう。
歯肉炎が進行すると、歯周炎になり、歯を失ってしまうことになりかねません。
歯周病のチェックポイントは次のとおりです。あてはまる項目があれば、歯周病の可能性があります。
かかりつけ医の診察を受けましょう。

 歯肉

   色が赤または紫色である。
   腫れぼったかったり、ときどき腫れたりする。
   出血がある。
   膿が出る。
   痒みがある。

 

   グラグラする。
   歯間に食べ物がはさまりやすい。
   歯が長くなったように感じる。
   歯の表面がざらざらする。

 その他

   口臭がする。
   朝、起きると、口の中が粘つく。

歯周病は生活習慣病です。歯周病菌の出す毒素が体内に入り込むと、 メタボリックシンドロームと
関連して全身の疾患を引き起こす可能性があります。

歯周病にかかっている人は

  脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)
  呼吸器疾患(誤飲性肺炎など)
  心循環疾患(冠動脈疾患など)
  出産時の早産、低体重児

になるリスクが高くなると言われています。